埼玉県ふじみ野市観光協会のホームページ 

美食の街 ふじみ野ランチ 「ラーメン特集」

ふじみんの部屋

今やラーメンはカレーライスと並んで国民食となった。日本で始めてラーメンを食べた人は、水戸黄門という話は有名だが、庶民には大正時代から広まり、今では独自な進化を続け、ラーメンの本家である中国でも日式拉麵として別物として区別されている。また、最近では世界中に日式拉麵のラーメンが食べられ、そのうち和食と並んでユネスコ無形文化財となるかもしれない? そこで、ふじみ野市でも旨いラーメン店が沢山あることから、特集を組んでみた。
是非、ふじみ野のラーメンを召し上がれ。

店舗名をクリックしますと、お店のMAPが表示されます。美食の街ふじみ野ランチはこちらへ

中華そば 田家(でんや)ふくふく    上福岡1-12-1 ℡049-293-6933  定休日 不定休(水曜日が多い)

ふじみんデザイン使用について

特選中華そば950円(中華そば750円)を食べてきた。ラーメン店とは思われないお洒落な店内にイケメン店主が厨房で腕を振るう。スープはたまり醤油、鶏、鯵節、北海道産真昆布などを使い奥深い味に仕上げている。全て天然素材を使った店主拘りのものを揃えたハイレベルなラーメン店だ。他に煮干や塩そばに新メニューの鯛のアラを使った鯛そば800円も興味をそそる。

 横浜家系ラーメン 松田家             上福岡1-15-1 ℡049-267-0022  定休日 毎週月曜日

ふじみんデザイン使用について

豚骨醤油味玉ラーメン特盛(450g)990円(並盛790円)を食べてきた。

家系ラーメンに代表される豚骨醤油スープにストレートの太麺だ。普通盛りでもボリュームがあるが、大食いの俺様は特盛りを注文した。山盛りとなった麺の横には分厚いチャーシューが置かれ興奮する。濃い目の豚骨味だが最後まで美味しく食べられるラーメン。個人的には特製鶏白湯チャシュー950円も是非食べてもらいたい。創業4年日だが昼時には満席となる人気店だ。

 麺屋 鶏口(けいこう)                 上福岡6-5-4 ℡049-264-2400  定休日 水曜日

ふじみんデザイン使用について

鶏そば750円を食べてきた。鶏出汁100%のスープの表面にキラキラと光る鶏油が食欲をそそる。鶏チャーシューと鶏そぼろのトッピングもご店主の拘りが見える。鶏のみのスープは臭みの残るものがあるが、この店では、その心配はまったく無い。

麺もスープによく絡む細麺でバランスも良い。次は、黒煮干そば(太麺200g)を食べてほしいと、勧められ明日にでも行きたいが痛風が気がかりだ。

ラーメン そら                       西2-1-23 ℡070-5592-5196  定休日 月曜日

ふじみんデザイン使用について

ラーメン650円+ちょい増し150円+味付メンマ50円を食べてきた。大食いの俺様の欲望のままに注文し、皆には解り難くなってしまい申し訳ない。この山盛りの野菜下にはチャーシューの塊が隠されているのが泣けてくる。今回は、ちょい増の麺500gだったが、なんと同じ値段で、ちょい増し麺800gがあるらしい。スープは濃厚こってり味、麺はモチモチしていて最後まで美味しく完食できた。

一指禅 上福岡店            鶴ヶ岡3-15-40 ℡049-269-2061  定休日 月曜日

ふじみんデザイン使用について

一指禅らーめん670円を食べてきた。ふじみ野市では有名な人気店で、いまさら紹介もないが、他市の皆さんのために喜んで取材してきた。ここは豚骨ラーメンの王道を行く店だ。一指禅自慢の薬草が入った塩豚骨は美味で人気が高いのも頷ける。また、麺の固さや味付けの濃さの注文を聞いてくれるのが嬉しい。ランチタイムは半ライスやゆで卵などがサービスで付き大食いの俺様を満足させる。

馬鹿美味                市沢1-4-17 ℡049-267-5979  定休日 月曜日

ふじみんデザイン使用について

こってり醤油らーめん780円を食べてきた。気さくな店主が経営する、今年で開業20年を迎える美味しい街のラーメン店。「こってり」の名のとおり、スープに浮かぶ油はガテン系の人にとってはたまらない。油を気にせず豪快にズルズル食べるのが美味しい食べ方だろう。油が苦手な人は、中華醤油680円や煮干らーめん780円などがある。地元の人に愛されている店だった。

福岡飯店                         上ノ原3-1-2 ℡049-262-0631  定休日 不定休

ふじみんデザイン使用について

少子湯麺(ソーズタンメン)800円を食べてきた。上福岡で開業47年を迎えた中華料理店。中国では少子湯麺は、お祝いの時に食べられるラーメンらしい。今回は、その少子湯麺に初めて挑戦してみた。真っ赤なスープに挽肉とタケノコの入ったピリ辛ラーメン。ラー油と辣醤の効いたスープはピリリと辛くやみつきになる。古参職員の話では、ここの少子湯麺は昔から有名とのことであった。中華料理店なので他のメニューも豊富。是非また行きたいお店だ。

麺飯店 貴一                      亀久保1-1-22 ℡049-263-2713  定休日 火曜日

ふじみんデザイン使用について

塩広東麺860円を食べてきた。この店は何回か通ったことがあるが、メニューがとても豊富で何時も定食を食べていた。今回はラーメン特集と言うことで、知人お薦めの塩広東麺を注文した。とろりした餡の下にあるスープは、鰹、昆布等の繊細な味が感じられ、誰にでも好かれる王道のスープにのど越しの良い麺が実に嬉しい。常客が麺派と定食派に分かれる地元人が通う16年目の名店だ。

麺玉                   大井中央1-17-36 ℡070-6432-4448 定休日 木曜日、第4水曜日

ふじみんデザイン使用について

味玉らー麺正油870円を食べてきた。麺は店主が拘りぬいた特注麺にスープは、豚骨と魚介を合わせた濃厚スープだ。俺様を喜ばせたのは厚切り焼き豚2枚が丼を中を堂々鎮座している。ここの店は自家製無添加で安心して食べられる。ふじみ野市で創業して1年と間もないが、20年近いキャリアを積み、ラーメン職人としての誇りが感じられた。今もって遠方からの馴染み客が足しげく通う店だ。

麺家 ぶっきら坊               緑ヶ丘1-3-2 ℡049-214-0537 定休日 木曜日(祭日は営業)

ふじみん

さんま出汁750円を食べてきた。(限定15食)煮干系ラーメンが流行の中、板前の経験と技術を生かした店主が作り出したラーメンは、秋刀魚から出汁をとったスープだ。秋刀魚の旨みと玉葱の甘みが絶妙な味を醸しだしたラーメンに柔らかく煮た秋刀魚の身も具として入っているのも面白い。ご主人の自分の食べたいラーメンを作ると言う信念が客を引き付けるのだろう。創業一年で早くも人気店となるのも頷ける。

より良いWEBサイトにするために皆様のご意見、情報をお聞かせください。

 ※必須
役に立った ふつう 役に立たなかった
 ※必須
見つけやすかった ふつう 見つけにくかった
  ※必須
わかりやすかった ふつう わかりにくかった

ご意見・情報内容  

※テキストは暗号化されないので、個人情報の入力はしないでください。

ふじみ野市雨雲レーダー

↑ PAGE TOP